妊婦

妊娠の妨げとなる原因を知って不妊対策をしよう

哺乳瓶

妊娠するしないには個人差があり、同じような体型や体質でも不妊に悩んでいる人もいればすぐに子宝に恵まれる人もいます。ですから不妊にはこれとはっきり分かる明確な判断基準があるわけではありません。ただし妊娠しやすい体を作るには体調管理が重要で、不規則な生活習慣は妊娠の大きな妨げとなるのは確かです。
そこで不妊にならないためにはどのようなことに気をつければ良いのかを見ていきたいと思います。まず妊娠したい女性にとって無理なダイエットは禁物です。短期間で極端なダイエットをするとホルモンバランスが崩れ、場合によっては月経が遅れたり止まったりといった症状が現れます。月経に異常が起こると妊娠どころの話ではなく、貧血や腰痛など体調にも支障をきたしますので、妊娠をお考えの女性は無理なダイエットをしないようにしましょう。
また冷えも同様に妊娠の妨げとなります。冬はもちろんのこと、夏場エアコンの効いた室内にいる時も十分な防寒対策をして、特に腰回りや下半身を冷やさないように注意してくださいね。
他にもこれから妊娠、出産をしようという女性の体にストレスや偏った食生活は大きな負担となります。これらのことに気を付けて、早めの不妊対策をしましょう。なお漢方薬局で不妊対策に効果のある漢方を処方してもらうのもオススメです。

choices

menu

SITE MAP